愛人なんて大袈裟な

今の彼氏と別れるなら誰でも良かった。
別れるきっかけが欲しかったので、たまたま知り合った、既婚者の男性に彼氏のふりをしてもらった。
そのあと、彼氏がストーカーになって家まで押しかけてきた時も守ってくれた。
だから、そのまま既婚者の男性とお付き合いをすることになった。
昔読んだ、愛人の掟を読み返し、私なりに愛人というものを勉強してみた。
最初は毎日のように、平日も週末も会ってくれていた。
彼の家がある町と、私が住んでいる町が離れていたので、
普通に外で外食も出来たし、会っている間は、奥さんからの電話もかかってきた素振りもなかったし、
未婚の男性とのお付き合いと特に何も変わらないように感じていた。
だから、妻とうまくいっていない、君と一緒になりたいから、妻と別れるという言葉を信じて疑わなかった。
それから、しばらく経つと週末は完全に会えない日になった。
私も仕事が忙しかったので、週末は自分の為に、体を休めたり、まつげパーマに通ったりと、自分磨きに時間をかけた。
それでも、やっぱり将来の確証は欲しかった。
結婚に焦る年齢ではなかったけど、私は昔から、母がそうだったように、早くに結婚して子供を産んで若いお母さんが夢だったから。
それからは、会うたびに、奥さんとの仲を、家族の話を質問するようになった。
そうなってしまっては、うまくいくはずはない。

それから、平日も毎日は会えないようになった。
妻に君との関係がバレそうだから、電話もメールもしばらく控えてくれと言われるようになった。
そこで、私の方から、別れを切り出して、愛人関係は終わった。
結婚したいと思っている私には、愛人関係は最初から無理だったと思う。

関連ページ

愛人にしかなれない
私の体験談です。一度、愛人という立場に立ってしまうと、辞めようと思っても、やめられない、と言うことに気づいたのは、一番初めにその立場にたったときのこと。言い方を替えれば、『不倫』であって社会的…
何故男性は愛人を作るのか
男性が、結婚して生涯支え合うと誓った奥さんがいるにもかかわらず、愛人という存在を持ってしまうのは何故かと考察してみました。まあ、性別からいって性欲が強いからという簡単な考え方もできますが…